レーシックイメージ

レーシック手術を受けて6ヶ月たつと

視力が極限状態に悪く、メガネやコンタクトを外すとまるで水中でゴーグルを使っていない状態な感じになるほどぼやけて、日常生活もままならない程でした。
やはりそういった不便な生活に終止符を打つべくレーシック手術を受けることにしました。
6ヶ月前にレーシック手術を受けたのですが、視力が1.5まで回復するようになりました。
手術自体は約1時間ほどで終わったので、非常にあっという間に感じました。
約1週間程は目に違和感を感じるという事だったのですが、目薬も使用していたのでそんなに気になるという程では無く3日程で痛み止めの目薬を注さなくても大丈夫なほどでした。
気になるレーシックの費用についても参考にご覧ください。
手術で涙が出るための神経が切れてしまうので半年程はドライアイになってしまうという事だったのですが、それも前もっての情報で知っていたので、こんなものかと思って目薬を使用しながら凌いでいました。
3ヶ月検診での視力や眼圧などのチェックでも特に問題は無く、非常に快適な毎日を送ることが出来るようになっていました。
ただ注意を受けたのはパソコンなどをする時はあまり長時間続けて使用しないようにという事でした。
折角レーシックによって矯正することが出来たのにまた、視力が落ちてしまう原因になるといわれました。
もちろんそれからはパソコンで仕事をする時は1時間に1回は必ず休憩を入れるようにしています。
この時点ではドライアイに関してはまだ続いているような感じでした。
その後早いもので6ヶ月が経ち、定期健診にこの間行ってきました。
視力に関しては全く問題無く1.5のままだったので非常にホッとしています。
手術を受けた人の中にはまた視力が落ちてきてしまう人もいるみたいですが、自分の場合は全く問題無く非常に助かりました。
やはり折角手術を受けたのにまた視力が下がってしまっては非常に残念です。
しかしながらこの点は心配する必要はなくなりました。
また眼圧検査なども全く問題無く、これにて定期健診は終わりという事でした。
お医者さんからも経過は順調ですので、このまま日常生活を送っていただいて大丈夫ですとのお墨付きもしっかり頂きました。
6ヶ月経ってみてやはり物が見えるというのは非常に快適です。
ちゃんと物が鮮明に見える事によって車の運転も不安は無くなりましたし、朝起きてからコンタクトを付けるなんていう手間も省けていますし、コンタクトを買うというお金も掛からなくなりました。
また目が悪い人の宿命の肩こりや頭痛といったことにももちろんですが、この半年間は全然悩まされなくなったので、体の状態的にも非常に健やかに生活を送れています。
またレーシックを受けた皆さんが悩まされるドライアイに関しても、半年経ってみれば特にもう気になるような物ではなくなりました。
パソコンを使っていれば目の乾きを感じる事はありますが、それ以外の時は目が乾いているという感じはしません。
もちろんですが、感染症やその他合併症も一切無くかなり良い経過を送る事が出来ています。
やはり手術を受ける前は、当たり前ですがデメリットの方に目が行ってしまい、手術を受ける事を恐く思ってしまっていました。
しかしながら結果として何事も無く、視力も回復して順調な経過を送れているので、非常に幸せです。
またこちらのメガネとコンタクトの比較についても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2011 目の治療.com All Rights Reserved.