レーシックイメージ

レーシックとvdt症候群

最近、vdt症候群という言葉をよく耳にします、この症状はどのような症状なのでしょうか、オフィスのOA導入が急速に進む中で「テクノストレス眼症」と呼ばれているVdt症候群が問題視されています。
vtdは、略語で画面を持った情報端末を意味しています。
肩こりなどのように、様々な原因によって、首、肩、腕に痛みが起きる症状もVdtが引き起こす典型的な症状です、パソコンに向かって、長時間キーボードやマウスを操作したりする仕事の人に良く見られます。
長時間、vdt作業をし続ける場合は、1時間に10分から15分休憩を取り、眼を休ませることが大切です。
この、長時間のvdt操作により、視力低下が起きる場合も、多く見られます。
視力が極端に悪くなった場合、コンタクトレンズや眼鏡で矯正します。
現在では、レーシック手術も、視力の矯正に入るのではないでしょうか、視力低下が多くみられる中、レーシック手術をする人の数も増えました。
気になるレーシックの成功例と失敗例についても参考にご覧ください。
コンタクトや眼鏡で矯正するよりも、わずらわしさがない面では、1度の手術で視力が矯正できるので、みりょっく的な手術です、入院の必要もなく、手軽に行うことのできる手術ということでメディアにも、取り上げられています。
しかし、レーシック手術においては、術後、vdt操作をまた同じ環境でし続ければ、手術をしたにもかかわらず、視力低下を招くことがあります。
手術に関しては、永久的な視力を回復できるわけではなく、生活環境や職業でvdt症候群になりやすい人は、元の状態に戻ってしまうことがありますので、注意していただきたいです。
vdt操作は、今や、しない人はいないぐらい普及してきました、パソコン以外にも、スマートフォンやタブレット端末もそれに値するでしょう。
仕事でのOA機器操作もあるでしょうから、現代人はvdt症候群になりやすい状況におかれています。
予防においては、眼に休息を与えるという事、冷やした濡れタオルや温めたタオルを目に当てて、がんきゅうに程よい刺激を与え、血液の循環を促します。
血行が良くなれば、眼筋への栄養補給がより活発化して、疲れている眼が解消されるでしょう。
正しい姿勢で、眼の予防も行ってください。
姿勢が悪いと、体に必要以上の負担をかけます。
とくに、目の疲れは視力を低下させ、眼精疲労を招いたり、肩こりや頭痛の原因になります。
そして、眼にやさしい照明に気を使いましょう。
光には明るさを示す「照度」という言葉があります、これが、強すぎる場合は、神経に負担をかけ、網膜を傷つけてしまう恐れがありますので、証明も気を付けましょう。
このように、vdt症候群を予防する努力も必要になりますので、特に、レーシック手術で眼球がデリケートになっている状態では、環境と予防を忘れずにしたほうが良いでしょう。
そして、一度レーシックをした眼球は角膜の形が変化しているので、術後に視力が悪くなった場合は、コンタクトレンズを再度使用することが困難になる人も、見受けられます。
その場合は、眼鏡で矯正していただくことになるでしょう。
再手術という手も、あります。
が、再手術は希望した人全員が受けられるものではありませんので、注意してください。
気になるレーシック手術後のアイメイクについての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2011 目の治療.com All Rights Reserved.