レーシックイメージ

レーシック手術におけるエキシマについて

レーシック手術で眼科クリニックの先生から、使用するレーザーの種類についていろいろと説明を受けていますと、必ず話にでてくるのがエキシマレーザーという言葉です。
このエキシマは熱を発生させずに角膜の組織を除去し、形状を変えることができるという特徴をもっておりもので、最近のレーシック治療のクリニックには広範に普及している機器でもあります。
このエキシマを角膜に照射することで、屈折率を調整し、近視や乱視、遠視などの屈折異常を矯正していくことができるのです。
この機器による光は、波長が短く、角膜の一部分だけを正確に除去することができるそうで、生体組織に照射しても熱を発することがないため角膜組織には悪影響がないことが既に証明されている状況です。
このエキシマが角膜の手術に広範に使用されるようになったのは、主に二つの理由からだといわれています。
ひとつは、非常に精度が高いことです。
元々半導体の基盤に対して精密な加工を行うために開発されたものですから、精度の高い加工は非常に得意としているのです。
1万分の1ミリ単位で加工が可能とされていますから、眼球についても相当細かく角膜を削っていくことができるのです。
これによって、適度な屈折に調整をすることができるところが大きなポイントです。
またふたつめとしては、熱を発しないことです。
この機械はほかのレーザーと異なり、衝撃波や熱を殆ど発しないものであるためコールドレーザーという別名までついているほどのもので、眼球や角膜といったデリケートな部分に当てていくのには非常に適しているということができます。
実際に照射していきますと、目標とする組織分子に当たることで、すべてのエネルギーが消滅してしまうため、それ以外の組織にたいしては全く影響がないことが大きな特徴となっているのです。
このしくみは熱に弱い角膜組織に利用していくには最も向いているといっても過言ではない状況で、熱が原因で角膜組織が変形を起こすといったリスクがまったくないところが大きなポイントとなっています。
またこちらのレーシックの結果についての記事も参考にご覧ください。
こうしたことからこの機器は瞬く間にレーシック手術の業界には普及することとなり、さまざまなレーザー手術の機器についても、基本技術はこの機器をベースにしたものが殆どということになっています。
この機器に精密な角膜の測定機器を組み合わせることにより、コンピュータによる完全制御で角膜の手術を行うこともできるようになっているため、世間で考えられているよりも、かなり精度の高いレベルでレーシックの治療ができるようになっていることが理解できます。
こうした機器を使うために、自由診療のコストも高くなっているようですが、その精度についてクリニックで説明を受けますと、コストがかかっても仕方ないと納得のいくようになります。
今後この領域の機器はさらにレベルがあがっていくことが予想されており、益々安全で確実な治療ができるようになっていくことが期待されているとのことでした。
私もこの機器のお世話になって手術を受けましたが、本当に間に施術が行われますし、体へのダメージも非常に限定的であることを身をもって体験するこ短時とができた次第です。
気になるレーシックの失明リスクについても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2011 目の治療.com All Rights Reserved.