レーシックイメージ

おすすめのレーシック治療

視力が低く、眼鏡やコンタクトレンズを装着しないと見えづらいといった方は、今では少なくありません。
眼鏡はスポーツをする際にずれたりする、鼻に跡形が残る、視力が下がると高額な料金を払って何度もレンズを交換しなければならない等、悩みをもたれる方はたくさんおられます。
そして、コンタクトレンズに関しては、手入れが面倒である、乾いて気になる、間違った使用方法だと感染等の病気を引き起こす恐れがある、などなどこちらもたくさんの悩みがあるようです。
実際、私は小さい頃から眼が悪く、小学校に上がる頃から眼鏡をかけていました。
当時は、眼鏡をかけている子は少なく、かなり珍しがられていました。
小さいながらも眼鏡をかけている事にコンプレックスを感じていました。
しかし、かけないと授業の黒板の字が見えづらいため、我慢して装着していました。
そして、何年か後にコンタクトレンズに変えましたが、こちらは手入れが面倒で、ドライアイの私の眼にはとても辛いものでした。
そして、両親に薦められたのが、レーシックによる治療でした。
話を聞くと、眼の手術なのでとても怖い印象がありましたが、実際レーシックを受けた母の友人に聞くと、眼がとても良く見えるようになり、毎日の生活がとても楽しくなったと話していました。
物は試しにと、評判のクリニックに行き、色々詳しい内容を教えて頂きました。
そのクリニックは、レーシック治療の症例数も高いだけあり、待合室も患者さんでいっぱいでした。
そして、どういった事をするのか、痛みはあるのか、失敗する事はないのか等、気になっている事を全て質問し、答えて頂きました。
先生も親切な方で、私の不安な気持ちを取り除こうと丁寧に説明に時間をかけて下さいました。
そして、手術の当日かなり緊張しながら、クリニックへ向かいました。
あれこれ色んな事を考え、電車に乗った事を思い出します。
そして、優しく出迎えてくださった先生の顔を見てなぜかホッとしました。
手術前に「痛みはないはずです。これが終了すれば、眼鏡もコンタクトレンズもつけなくても、良く見えるようになりますよ。」とおっしゃって下さり、後は先生にお任せしようと覚悟を決めました。
手術は2時間程で済み、しばらくは薄暗い部屋で少し休んでいました。
見えるようになったような、見えないような不思議な感覚でした。
そして、しばらくし、再度診察をして頂き、帰宅しても良いと言って頂きました。
ただ、その日の夜は眩しいような感じがあり、まだ少し不安な気持ちが残っていましたが、これも先生が説明されていた事だったので、先生を信じ、明日の朝を待とうと思いながら眠りにつきました。
そして、次の日朝起きて驚きました。
いつもだったら、朝起きたらすぐ眼鏡をかけないとぼーっとしていた光景が、眼を開けた瞬間から綺麗に見る事が出来たのです。
本当に嬉しかったです。
その後何年も経ちますが、何も異常は見られません。
もし、私のように眼の視力が悪くて、眼鏡やコンタクトレンズを煩わしいと感じておられる方がいらっしゃれば、レーシック治療をおすすめします。
今では、良く知られている治療法ですので、たくさんのクリニックがこの手術を行なっています。
色々クリニックの情報を入手し、自分の安心出来るところでレーシックを受けられる事をおすすめします。
レーシックを受けるメリットとデメリットについても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2011 目の治療.com All Rights Reserved.