レーシックイメージ

レーシックの手術前後にお酒を飲む事は避けた方が無難です

レーシックの手術を受ける際にはお酒を控える事が大切です。
特にレーシック手術を行った当日は飲酒を絶対に避ける事が必要です。
飲酒は手術を受けた後一週間程度は避けます。
飲酒を避ける事と同時に出来る限り喫煙者に近寄らない事が望ましいです。
飲酒や喫煙を避ける規定日数は医療機関によって定められています。
医師に相談する事によって適切な期日を知る事が出来ます。
手術を行った後の飲酒及び喫煙は医師に必ず確認を行う事が大切です。
医師の指示に従う事が望ましいです。
ちなみにレーシック手術の前日にお酒を飲む事に関しては基本的に問題が無い傾向です。
手術の前日にお酒を飲まないという事は手術に関するリスクを軽減する事に繋がります。
手術は局部麻酔を行います。
点眼薬(目薬)による麻酔をかけます。
飲酒に関しては各医療機関によって見解が異なっています。
手術を受ける医療機関の医師へ確認する事が望ましいです。
ちなみにレーシック手術を行う前の検査時、実際に質問を行った処、飲酒は避けた方が無難であるという見解でした。
手術の前後にお酒を飲む事によって無意識的に目を擦る事や転倒による目のケガやダメージなどのリスクを避ける為です。
節度のある飲酒に関しては相談を行う事がポイントです。
手術を行った直後は市販の目薬を使用する事は避けた方が無難です。
医療機関から処方される目薬を使用する事が大切です。
基本的に手術を行った後は手術の翌日や一週間後や一ヶ月後等、医療機関の規定によって定期的な検査日程が決められています。
但し、目に違和感が生じている場合や目に関する問題が発生している場合など状況に応じて適宜眼科検査を受ける事が望ましいです。
手術後に目に関する疑問や不安が生じた際には早めに医師へ相談する事が大切です。
手術の直後は年の為に痛み止めを処方します。
医療施設から目の保護ゴーグルを借りる事が出来ます。
手術を行った後に飲酒や喫煙、市販薬の使用タイミングなどは医師の判断によります。
一人一人のライフスタイルや目の状態などによってタイミングは異なります。
医師の判断を参考にする事が望ましいです。
精度の高い安心した手術を受ける為には信頼関係を構築する事が出来る医師を見つける事が必要不可欠です。
医師や医療機関と信頼関係を構築する為には、医師及び医療機関を判断する事がポイントです。
医師及び医療機関の雰囲気を知る為には説明会への参加を行う事がベストです。
説明会では担当者及び実際に手術を行う医師がレーシックに関する説明を行う為、不安や疑問を解消する事が出来ます。
医療機関で説明会を行う為、信頼のおける医師及び医療機関であるかどうか及び施設やスタッフの雰囲気を知る事が出来ます。
説明会の際に飲酒や喫煙などについても医療施設の見解が述べられます。
安心して手術を任せる事が出来る医療機関を選ぶ事によって、手術のメリットを最大限に享受する事が出来ます。
手術は医療控除の対象になります。
保険に加入している場合には給付金支給の対象となる場合がある為、加入している保険の契約内容を確認する事が望ましいです。
視力の矯正手術を行う事は日常生活を快適にする事に繋がります。
またこちらのレーシックのデメリットについても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2011 目の治療.com All Rights Reserved.