レーシックイメージ

レーシック手術を行う際には信頼関係を構築する事が出来るクリニックへ

以前、近視を矯正する為にレーシック手術を受けた事があります。
レーシック手術は信頼のおけるクリニックで受ける事が大切です。
家族が通っているクリニックでレーシック手術を行っているとの情報を得た為、クリニックに問い合わせを行った処、レーシック手術を希望している患者に向けた説明会を行っているとの事で早速、説明会へ参加します。
説明会はウェブサイトや電話などで予約を行う事が出来ます。
説明会は医師と担当者が説明を行われています。
説明会は比較的リラックスした雰囲気の中で行われている為、患者や患者の家族が手術に関する不安や疑問を解消させる事が出来ます。
手術の日程は女性の場合には妊娠中や授乳中は避け、卒乳後に一定期間が経過した後が望ましいです。
手術を行った後の数ヶ月は妊娠を避ける事がベストです。
女性は家族とじっくりと相談を行った上で妊娠と手術のタイミングを模索する事が望ましいです。
手術後には定期的に通院する事となる為、仕事やプライベートのスケジュールを考慮する事が大切です。
説明会の後は検査を行います。
高い精度の手術を行う為には現在目に装着するタイプの視力矯正器具を使用している場合には、一定の間目に装着するタイプの視力矯正器具を外す事が必要です。
目に装着するタイプの視力矯正器具を使用する事によって目に歪みが生じます。
手術前には目の角膜を本来の形に戻しておく事が大切なのです。
仮手術日を設定する事によって検査日を逆算します。
手術前の精密な検査は手術の精度に大きな影響を与えます。
手術前の検査では視力や角膜の厚みや形、目の病気などさまざまな角度から目を調べる事になります。
個人差はありますが基本的に検査による痛みは無いです。
眼科の事情に精通している医師が診察を担当している為、レーシック手術の適応性を性格に判断する事が出来ます。
検査が終わり必要書類に記入した後に手術が行われます。
手術は短時間で終わる為、入院不要の日帰り手術となります。
手術後は別室で安静にします。
目を閉じる事がポイントです。
数十分が経過した後は顕微鏡による診察を行います。
特に問題がない場合には目を保護する為のゴーグルをかけた上で帰宅します。
手術直後に自身が車を運転する事は避けます。
手術後の診察は手術の翌日と一週間後と一ヶ月後と三ヶ月後が基本です。
もしも目に違和感がある場合には連絡を入れた上で検査日とは別に診察を行う事が出来ます。
また状況によっても診察の回数が変動する事があります。
通常の診察が終了した際には手術前と手術及び手術後の経過等を記録しているデータを取得する事が出来ます。
手術の後はしばらく守るべき事柄があります。
クリニックの指示に従い目薬をさす事です(目の状況によっては痛み止めを処方されます)。
手術の当日は飲酒を行わない事です。
定期診察を必ず受診する事です。
手術後から手術の翌日に診察を行うまでの間は洗顔や洗髪を行わずシャワーのみを行います。
診察後、問題が無ければ入浴を再開する事が出来ます。
顔を洗う際には目を閉じる事が必要です。
メイクは手術の翌日に行う診察の後から出来ます。
薄化粧を心がける事がポイントです)。
基本的にスポーツは一ヶ月を経過した頃からプレイする事が出来ます。
またこちらのレーシックのデメリットについても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2011 目の治療.com All Rights Reserved.